• ホーム
  • IPO株(新規公開株)におけるメリットについて

IPO株(新規公開株)におけるメリットについて

株式投資をする目的はもちろん資産のアップでしょう。
配当金も受けられますが、何といっても売買益を得るのを目指す人が多いです。
安い株を探し、高くなったときに売れれば資産を大きく増やせます。
では誰でも安い株を見つけられるかとなるとなかなか簡単ではありません。プロでもそれぞれの会社の分析やチャートの見誤りがあり、買った後に下げて売買損が出てしまうときもあります。
非常に銘柄選びが難しいとされる株式投資において、素人でも利益が出しやすいのがメリットとされる投資方法があります。
それはIPO、新規公開株への投資です。
通常の株式投資では、既に上場している会社の株式を購入し、将来的に上昇した時に売却をします。IPO株への投資では、まだ上場する前の株式を購入します。
株式が上場されるとき、証券会社などが一定の株を割り当てられ、それを事前に一定の価格で購入できるようになっています。
この価格は市場の価格ではなく、あらかじめ決められた価格です。確率として、あらかじめ決められた価格よりも上場後の初値が高くなるので、比較的利益が得やすい投資法として知られるようになりました。
そんないい投資方法なら誰でも行いたいと思うでしょうが、実際は誰でもできるわけではありません。
証券会社ごとに割り当て数があるので、まずはそれに応募をします。そして人気が高ければ抽選によって権利を得られる人が選ばれます。
この時には投資のための資金を用意しておかないといけないので、数十万円から数百万円を新規公開株の抽選の資金として常時ストックしておく必要があります。投資方法は簡単で、上場初日に売却をするだけです。初値を付けて上昇するときもありますが、判断が入ると難しくなります。
素人でもできるメリットとして、何の考えも必要ありません。
応募して当たれば当日に売るだけなので、業績をチェックしたり株価の変動を見たりは不要です。
ただし、初値で公募割れの時にすぐに売却すると損が生じます。

IPOは公募割れすることもあります

IPO株は、株式投資の経験などが無くても簡単に利益が出せる方法として人気が高まっています。
多少銘柄の選定などは必要になるかもしれませんが、公募価格よりも初値が高くなる確率が高いとされています。
その他の投資は一切行わず、IPOのみに投資をする人もいるようです。注意したいのは、確率が高いだけで100パーセントではない所でしょう。
ですから、せっかく当選をして購入をしたものの、公募割れしてしまうときもあります。
基本的には初値で売るので、その時点ですぐに損が出るのか利益が出るのかが分かります。もし当選したとしても、買わない選択をした方がいい時もあるので、多少判断をしなければいけません。
この時に見ると良いのが倍率でしょう。
ある会社の新規上場が決まると、主幹事の証券会社の他それぞれの証券会社の割り当てが決まります。
そして、どれくらいの発行数に対してどれくらいの応募があるかの倍率も決まります。この数字があまり高くないときは、あまり人気がない可能性があります。
となると、初値で公募割れしてしまう可能性が高くなります。
複数の証券会社で応募をしておいて、通常あまり当たる可能性のない所で当選した時には注意しましょう。
人気があまりないので、買わない選択をした方がいいかもしれません。証券会社によって、持ち株数や資産によって当たる確率を変えているところがあります。
持ち株数が少ないのに当たるのは、あまり応募がない証拠です。
持ち株数に関係なく平等に抽選をしてくれるところで当たっても、人気の度合いはわかりません。
何度も行っていると、どのケースでは上がり易くてどのケースでは下がりやすいなどが分かってくるときもあるので、多少経験を積むと良いかもしれません。