• ホーム
  • 株初心者がデイトレードを始める時は身長に行うべき

株初心者がデイトレードを始める時は身長に行うべき

株式投資とは、本来、株の仕組みや経済の仕組みなど、投資に必要なあらゆる知識をきっちり理解してから慎重な姿勢で開始しなければならないものです。
しかし、慎重な姿勢や企業を心から応援する気持ちの重要性を伝えなければならないはずの投資系雑誌や一般雑誌の投資関連特集では、読者の興味を惹くため・あるいは部数を伸ばすため、積極的に一攫千金系の特集が組まれます。
そして、株式投資関連で言うと、応援している会社の株を買ったら基本的に一生保有するようなローリターン系の投資ではなく、デイトレードのようなハイリターンの特集がよく組まれます。そういった特集においては、いかにもデイトレードというものは簡単です。
株初心者を含めて誰でも儲けられるように書かれているような傾向があり、株初心者にとっては甘い罠となっているようなところがあります。
短期売買を奨励するような本や雑誌に乗せられて、深い知識を理解しきっていないまま短期売買を始めてしまった人は、特に損切りのタイミングを逃してしまった場合に多額の負債を抱えてしまう例がよくあります。
その中でも、株初心者は株式投資とは純粋に良い会社ならどんな状況においても業績の向上に連動して株価も上がるものだと勘違いしている人もいます。しかしそんなことはなく、何らかの良くない経済要因や天変地異などにより、どんな優良企業の株価も、ある程度のその国・あるいは世界全体の市場動向にほとんど連動してしまいます。
そんなことはまったく知らずにデイトレードで信用売りなどに手を出してしまうと、いとも簡単に一生抜け出せないような借金地獄に陥ってしまうようなことも起こり得ます。そのため、そもそも株初心者はもちろん、上級者であってもデイトレードのような取引はまったく行わないのが一番理想的です。
しかし、それでも借金を抱えない程度で少しだけデイトレードを始めてみたいという場合。
株価の下落要因になる様々なものを勉強したり、損切りする価格をあらかじめ決めて守るなど、知識面・精神面の色々な事前準備が必要です。
逆に何の準備もせす、自分の中の決め事も決めずに始めてしまうと、大きな失敗につながる可能性があります。

デイトレードで失敗した人の理由とは?

株というものは「難しいもの」「失敗しやすいもの」というようなイメージが一般的には強くあります。
そして、それは基本的には事実です。
しかし唯一、何らかの突発的な要因などで一時的に国全体の主要銘柄の株価が下がっていた中、ようやく底値を付けて株価が上昇していく(元の株価に戻っていく)タイミングにおいては、その他の時期に比べて資産を増やしやすい傾向の時期が稀にあります。
日本の株式市場における近年の例で言うと、2000年のITバブル後に数年にわたって下がり続けてきた日経平均株価がようやく底打ちしてから急上昇(急回復)をはじめた2003年春から2007年頃までの数年間がそれに該当します。この時期はネット証券口座が続々誕生し、色々なマネー雑誌が創刊されたり、投資関連の本が続々発売されて人気になっていた時期と被ります。
そして、この時期に多くの人が証券口座をネット証券に開設して個人投資家としての活動をスタートしました。
あまりにもすごい上昇トレンドの中、資産を増やすことに成功した個人投資家はすべて自分の投資センスの賜物だと過信し、デイトレードまで始めてしまった人も多数いることがのちの体験談で明らかになっています。
しかし2007年になり、日本からは遠いアメリカにてサブプライム問題が発生し、日を追うごとに事の深刻さが明らかになってきました。
そのタイミングで、株式市場は外部の悪い要素を思いっきり受けることを知っていたベテラン投資家においては、損切りをして資産を守ることが出来た人が多数いました。一方、2003年頃に投資を始めてほとんど失敗なくやってこれた無知の個人投資家の中には、株と経済の関係性を知らぬまま投資をしていた人もかなり多くいます。
そんな人達の中には、サブプライム問題発生後、損切りすることはせずにデイトレードでなんとか損失分をカバーしようと思っていた人も多くいました。
しかし、その後、リーマンショックまで発生して完全に取り返しのつかない大きな負債を抱えて自己破産したり自殺に追い込まれた人も多数います。そんな中、何とか人生を立て直すことが出来た人がのちに体験談として語るのは損切りする勇気・タイミングの重要性と、株式市場の歴史をあらかじめ学ぶことの重要性です。
もし株式市場というのは、ちょっとした悪い経済関連の問題でも市場全体が暴落し、根深い場合は数年に渡って低迷することもある事を事前に勉強済みだったら、損切りすれば市場から撤退できるため失敗した人はもっと少なくて済みました。