• ホーム
  • 投資で資産運用をするなら株主優待を活用

投資で資産運用をするなら株主優待を活用

株式投資で利益を得る方法として、売買益を狙う方法と配当金を受ける方法があります。
どちらも所得税法上の所得に該当するので、通常は利益に対して一定の税金がかかる仕組みになっています。
非課税になる制度もありますが限定的なので、一定の税金が引かれると想定しておいた方がいいでしょう。
約20パーセントの税率がかかるので、利益に対して80パーセントしか手元に残りません。
それ以外に得られる利益に株主優待があります。それぞれの会社は決算があってその後に利益処分を行います。
本決算と中間決算の時に配当金をくれる会社があり、同じタイミングで株主に付与してくれます。
すべての会社ではありませんが、多くの会社で実施をしています。
メーカーなどであれば自社製品の詰め合わせをくれたり、非売品の特別な商品をくれる時もあります。自分で使う人が多いですが、プレミアがつくものなどを売却する人もいるようです。
小売店や交通会社、サービス会社などは特定のものがありません。
その時にくれるのが優待券です。
それぞれのお店を利用するときに割引などお得に使えるものもありますし、食事を無料でできるものなどがあります。外食チェーン店の金券はよく使う人にとってはかなり利便性が高いと言えるでしょう。
株主優待の使い道は、最もお得なのは自分で使う方法でしょう。
よく使うスーパー、外食チェーン、鉄道会社などであれば日頃の利用時にお得に使えます。ただ地方に限定的に出店をしているスーパーを運営する会社などは、その地域に住んでいる人しか利用できない無料になる優待券を配布するところもあります。
これらの会社では優待券以外にお米であったり、全国で使えるQUOカードやクレジットカード系の商品券などにしてくれるところがあります。
地域によって会社の方が判断してくれる時もありますし、投資家が好きな株主優待を選べるところもあります。
株主優待は非常にお得な制度ですが、投資家の桐谷さんがそのお得さを教えてくれました。

桐谷さんは株主優待をより有名にしました

株式投資をするときには、いろいろな利益を目的にするとよいでしょう。
売買益や配当だけでなく株主優待をしてくれる会社もあります。
ではどの会社がどんな商品や優待券を配布しているかをどうやって入手するかです。元棋士の桐谷広人さんは投資家として知られ、いろいろな会社に投資をしています。
TVやメディアで登場するときは経済関係の番組、投資関係の番組などが多いです。
経済評論家のようにびしっとスーツを着て登場するのではなく、普段乗っている自転車に乗りながら株式投資関係の話題を話してくれます。
桐谷広人さんがTVやメディアでよく話しているのは、株主優待のいい会社です。元々は普通に売買益や配当金を目的に投資をしていたようですが、短期的な投資よりも長期的に保有する投資に転換します。
その時、それぞれの会社が提供してくれる株主優待に目をつけました。
いい物をくれる所なら業績も良く、これからも存続するとの考えからです。実際の投資先は数百社あり、株式資産もかなりの金額にのぼります。
テレビなどに出るときは、スタジオよりも屋外でのロケが多く、その時は話題の会社の株主優待を自転車に乗ってどんどん使う様子が放送されます。又、自宅には優待で受けたいろいろな商品が山積みになっています。
毎月のようにどんどん送られてくるので、買い物をしなくても生活できる状態なのが自慢です。
雑誌などでも今月の優待特集の時には桐谷さんが登場し、どんな投資先がどんな優待をしてくれるのかを紹介してくれます。
人気のコーナーになっているので、優待を目的に投資を始める人も多くなってきました。
いい株主優待をくれる会社の株が権利確定を狙って上昇したりもあるようです。