• ホーム
  • 初心者は低位株(ボロ株)に絡む仕手筋に注意!

初心者は低位株(ボロ株)に絡む仕手筋に注意!

お金を出す人

株式投資の初心者にとって、利益獲得が目標であるとは言え、いきなり大金を注ぎ込むのには勇気がいります。
低位株は株価の安い株式なので、手を出しやすいことから初心者に人気があります。
明確な定義はありませんが、大体300円以下の株式を「低位株」と呼び、中でも100円未満の低位株が「ボロ株」と呼ばれているようです。
例えば株価100円のボロ株であれば、100単位買っても必要経費はたったの1万円です。このように少ない資金でも運用可能な為、初心者にとっては取っ付きやすい株なのです。
ところが低位株は、仕手筋による価格操作のターゲットにもされやすいので気を付けなければなりません。
仕手筋とは、故意に株価を操作する売買筋、いわゆる投資家グループのことを指します。
どのように操作するかというと、目をつけた銘柄が安いうちに目立たないように買い集め、次に大量に買い増すことで価格を吊り上げ、時には売却も行い活発に売買活動が行われているように見せかけます。この見せかけの株価上昇に反応した一般の投資家の買い付けにより更に値上がったところで一気に売却し、大きな利益を得るのです。
そのターゲットにされた株式を「仕手株」といいます。仕手筋は大手企業の高価な株は狙いません。
資金もかかりますし、人目につくことから仕手株だと知られてしまう可能性があるからです。
ですので低位株、中でもボロ株が狙われやすいのです。仕手株にされやすい銘柄の特徴は、仕手筋達が操作しやすいように発行済株式数が少なく浮動株比率が低いもの、信用取引を取り込めるよう空売りができるものなどが挙げられます。
仕手株にされてしまった銘柄の特徴は、目ぼしい材料がない中である時期から株価や出来高が上昇しているもの、その後急騰しているのにやはり何の要素もないものが挙げられます。
このような仕手株に手を出してしまうと、大きな損失をしてしまう恐れがあります。
ではなぜ仕手株は、このような危険をはらんでいるのでしょうか。

仕手株はハイリスクハイリターンな株です

仕手株がハイリスクな株だということは分かったけれど、上手く売りぬけられればハイリターンを得られるのではないか?そう考える方がいるかも知れません。
確かにその通りです。ですが、そのタイミングを見極めるのがとても難しいのです。何故ならば、仕手筋の仕掛ける相場の急騰と急落は、極めて短い期間で行われるからです。
そしてその動きが分かるのは、実際に仕掛けている仕手筋だけなのです。
ひとたび下落を始めると、そのスピードは上昇時よりも早いと言われています。
そこをタイミングよく売りぬくことは、初心者でなくとも至難の技と言えます。下落し始めたらすぐ売ればいい、そう思うかも知れません。ですが、もともと株の発行数が少ない低位株ですので、仕手筋の売り注文の集中によってストップ安になりかねません。
ストップ安になりますと、一般の投資家も巻き込んで売り注文が更に殺到し、取引を成立させることができなくなるのです。
連日この状況が続きますと、もうなす術がありません。
もともと人為的に操作されていた株価ですので、仕手筋が引き上げた後あるべき株価に戻っていくのを見守ることになります。このように、ハイリスクな仕手株で経験の浅い初心者が利益を得るのは難しいのです。
はやる気持ちは理解できますが、ハイリターンにとらわれず、冷静な判断をもって銘柄選びをすることが賢明です。
もしかしたら仕手株と知らずに手を出してしまい、損失を被ることがあるかも知れません。その時は迷わず損切りをするのが良策です。
仕手株は、もともと急騰する理由などなかったのですから、再び急騰することはないのです。
たとえ手元に残った資金が僅かであっても、仕手株に拘束されているよりは、将来性のある優良銘柄へ投資する方が健全と言えます。